「お力添え」と「尽力」の違いと使い分け方

「尽力」の意味と使い方

「尽力」も「助ける」の敬語表現です。あたまに「ご」を付けて「ご尽力いただき、ありがとうございます」というように使われます。
なにげなく使われることの多い表現ではありますが、使い方を正しく認識している人は、意外と少ないかもしれません。
ご尽力は「目的のために、ある力を出し尽くして努力する」という意味であり 、「助ける」や「努力する」よりもビジネスシーンにふさわしい丁寧な言葉表現といえます。

在庫目安:お取り寄せアイニックス FA470SR11S/USB 固定型二次元イメージャFA470USBインタフェース標準分解能レンジサイドビューモデル 全国送料無料
アドバンテージ 仕様:左用 ラジアルフィットキャリパー 2PAD ブレーキ 4POT ADVANTAGE 汎用 キャリパー NISSIN ゴールド

尽力の使う上での2つのポイント

1 相手に対しては「ご尽力」、自分に対しては「尽力」を使うこと

「ご尽力」とすると、その言葉自体が敬語表現になります。そのため、 自分に対して使う場合には「ご尽力」という言葉は使いません。 かならず「ご」を取って「尽力」を使うようにしましょう。逆に、相手に対して使う場合には、かならず「ご尽力」の方を選ぶ必要があります。意識して使い分けるようにしましょう。

2「尽力を尽くす」という使い方はしないこと

「尽力を尽くします」という使い方、これは、 「尽力」と「尽くす」が全く同じ意味の重複表現になっているため間違った日本語です。 威勢よく「尽力を尽くします!」などと言ってしまうことのないように、気を付けて使いましょう。

「お力添え」と「尽力」の違い

「お力添え」と「尽力」は、どちらも「助ける」という意味の敬語表現ですが、そのニュアンスに微妙な違いがあります。簡単に言うと、力を尽くして努力してもらったときや、自分が努力したいときは「ご尽力」や「尽力」の方を使います。そして、温かい支援をもらったとき、 相手に援助をお願いしたいときは「お力添え」の方を使うと効果的です。

シマノ ロッド オシアプラッガーBG MONSTER DRIVE S86ML
ADVANTAGE ラジアルフィットキャリパー ゴールド 4POT ブレーキ 2PAD NISSIN キャリパー 汎用 仕様:左用 アドバンテージ