オクヤマ ロールバー 729 118 0 スチール ダッシュボード逃げ 9P No12 2名 ニッサン スカイライン R33 ノーマルルーフ 2ドア ノーマルルーフ

オクヤマ ロールバー 729 118 0 スチール ダッシュボード逃げ 9P No.12 2名 ニッサン スカイライン R33 ノーマルルーフ 2ドア ノーマルルーフ

ネタバレ②:ジャックとヴィクトリアはクローン人間だった!

ビーチ(モーガン・フリーマン)と知り合ったことで真実を知ってしまったジャックですが、「テット破壊を手伝ってくれ!」という依頼にはなかなか乗れず。
じゃあ、「放射能汚染区域に行ってみろ。そこに真実がある」との言葉を受け、今まで立ち入ったことのない汚染区域へ。
そこで見たものは、、、 もう一組のジャック&ヴィクトリア!

そう、実はジャックとヴィクトリアは「テット」により精製されたクローン人間。
最初は「テット」による人類殲滅の先兵として、後に「ドローン軍団」のメンテ要因として、数千人という規模で量産されていたんですよ。
放射能汚染区域というのは、そんなクローン同士が鉢合わせしないように区分けされていただけの区域だったというわけです。

いや〜、これは素直に驚きました。

ネタバレ③:ジャックとジュリアは夫婦。さらにジャックとジュリアとヴィクトリアは同じ宇宙船の搭乗員だった

ジャックに残っていた記憶は、「テット」襲来以前の記憶で、そこにジュリアが存在していたのは二人が夫婦だったから。
さらに、ジュリアが乗っていた宇宙船ですが、実はジャックとヴィクトリアも同じ宇宙船の乗組員だったことが判明します。

宇宙船は元々、「タイタン移住計画」に向けて打ち上げられたものだったんですが、航行中に「テット」が出現。
即座に「テット」の調査へとミッションが変更されたんですが、ジャックとヴィクトリア以外の乗員は人口冬眠中。
そのまま調査を進めていたんですが、「テット」に近づいた時点で宇宙船は操作不能に。
ジャックの判断で「冬眠ルーム」を切り離し (信号によって地上に戻れるはずだから) 、ジャックとヴィクトリアを乗せた司令船は「テット」に吸い込まれてしまいます。

ジャックとヴィクトリアは「テット」に取り込まれ量産化され、記憶を消されて人類を攻撃。 (もともとジャックへ好意を持ち、その反動でジュリアへの敵意を持っていたくさいヴィクトリアは、本当に記憶を消されているのかはちょっと怪しいんですが。。)
“人類の希望”としてタイタンへと旅立ったジャックが、人類に“絶望”を告げる兵士になる 、という展開と、それを仕掛けた「テット」が残酷でヤラシイ感じ。
なかなか素晴らしい「悪」です。

ただ、ここでもちょっと気になるのは、不時着した宇宙船のフライトレコーダーの存在。
回収されたフライトレコーダーによって、ジャックとヴィクトリアがテットに吸収される様子がわかったんですが、、、フライトレコーダーが搭載されていた「冬眠ルーム」は切り離されていたはず。
なぜフライトレコーダーに記録が残ってたんだろうか。。。




老人の旅を見守る美しい自然に注目。夕焼けに染まるトウモロコシ畑、とこまでも続く一本道など雄大な風景が旅のゆるやかなテンポと相まって心地よい空気を醸し出す。芝刈り機の故障など、道中で様々な困難にあう。旅で出会う人々は彼を奇妙に思いながらも、ある者は助けを惜しまず、ある者は諮詢に満ちたその老人の言葉を得る。
製作 アラン・サルド 、 メアリー・スウィーニー 、 ニール・エデルスタイン


1994年に「ニューヨーク・タイムズ」に オクヤマ ロールバー 839 312 1 アルミ ダッシュボード貫通 11P No14 2名 ミツビシ ランサーEvo VII〜IX CT9A 4ドア ノーマルルーフ
基にしているとのこと。
この映画に出ているほとんどが「ジジイばかり」だったが、なんとまあ素晴らしい映画だったこと。

この映画を観て生き急いできた現実を見つめなおすことも出来ると思う。


実は「人生にはもっともっと大切なことが他にいっぱいあるんだよ」ってことをこの映画は教えてくれる。


言い換えれば「人生には何が必要で何が不要なのか」この映画を観ればわかると思う。


アイオワ州の「ローレンス」からウィスコンシン州の「マウントザイオン」までがこの映画の舞台になっていて、観た後に地理を調べてみた。道路が整備された現在でも約300マイルで「約480キロ」の距離の長旅だということがわかる。けっして平坦な道ばかりではなくしかも改造したリヤカーを牽引しての時速7~8キロのおんぼろトラクターでの旅である。
日本なら「東京から」国道1号線でだいたい滋賀県の「琵琶湖」 パトライト MP3再生ネットワーク監視表示灯 直径40mm/3段/赤黄緑 NHP3FV1RYG
る。普通なら気が遠くなる。


この映画は、目的地である兄の住む家にたどり着くことが映画の主題では無いと僕は思った。

それこそがこの旅の大きな糧であり、この映画が伝えたかったことであると思う。
長いたびの途中でいろんな人たちとふれあい、自分よりも若い人には人生訓を教えると同時に、些細なことで兄とけんか別れをしていてそんな昔のことにまだ蟠りを持っている自分にも同じ言葉を言い聞かせてきたのである。老人になろうがまだまだ達観できず人間としての成長過程にあるということである。
「歳を取って何か良いことってありますか。」とストレートな質問する若者に対して
とてもゆったりとした時間の流れの中で「交わす言葉以上に人の想いが伝わる映画」だったと思う。
[email protected]@!