洗顔料を選ぶ前に洗顔の目的をおさらい

ニキビに悩んでいる人が洗顔をする目的は、 ”ニキビに有効だから” です。

あまり知られていませんが、これは専門機関の「 TNRC3C K2/C2/M2/Y2色が選べる4色セット大容量リサイクルトナー MICROLINE ML9600PS /MLPro9800PSX /MLPro9800PSS /MLPro9800PSE あすつく OKI(沖データリサイクル トナー 色が選べる4本セット
バイク用品/車体&足回りパーツ/シート 〔DAYTONA/デイトナ〕カスタムシート カスタムシート ロール」にも書かれています。

このガイドラインによれば、 ”洗顔は皮脂の除去によるニキビの予防効果は合理的な根拠がある” として、 ”1日2回の洗顔を推奨” しています。

ただ、ここで注意したいのが ”ニキビの予防効果” という点です。

僕たちはニキビの予防効果を期待して、洗顔を行っています。

「どの洗顔料を使えば、ニキビを早く治せますか?」

とか

「〇〇を使って、ニキビを3日で治せました!」

などの質問や口コミを見ていると、「洗顔の目的を理解できていないな」と感じます。

なぜなら、 ”洗顔はニキビを予防するためのものなのに、洗顔でニキビを治せると考えている” からです。

もちろん、ニキビを予防するためのものですから、 「ニキビができにくくなった!」 と感じるかもしれませんが、洗顔でニキビを治すのは不可能だと理解してください。

また、 ”他のサイトで「この洗顔でニキビを治せました!」などの情報を見ても、信用しない” ことです。

このページの洗顔料ランキングもニキビを治せるではなく、ニキビを予防できるかの視点でまとめています。

では、切り替えて洗顔料の選び方について説明していきます。

1.サリチル酸や殺菌成分が配合された洗顔料は選ばない

色々な洗顔料を試してきましたが、 ”サリチル酸や殺菌成分が配合された洗顔料は選ばない” ようにしています。

ニキビ向けの洗顔料はアクネ菌の印象から殺菌成分を配合したり、サリチル酸を配合したりしているものが多いです。

これらは、 ”肌質によっては刺激を感じる恐れがある” 洗顔料となっています。

全員が全員、刺激を感じるとは限りませんが、ハズレを引かないようにするためにも選ぶ段階で弾いてしまうことをオススメします。

最近の投稿