今では、使い捨てマスクを使っている方がほとんどですよね。

そして昔ながらの布マスクは、ガーゼで出来ています。

花粉をブロックする効果に、値段は関係なかった

最近、「ウィルスは、不織布のマスクでは防げない」 復刻 木版画秋
あったりします。
ウィルスの大きさは、とても小さくて約1万分の1mmしかないのですが、
スギ花粉の大きさは、約30分の1mmあるのです。

マスクをしてもくしゃみが出る原因は、すき間だった


2時間、屋外で軽い運動をして、どれだけ鼻に花粉がついているかの実験をしました。


すき間があると、完全にブロックできずに花粉が入り込んでしまうのです。


意外とここにすき間が出来やすいのですが、プリーツ型の場合、プリー ジュナック(JunackJunackLEDリアリフレクターC26発送は業者様宛てのみRFLN2 ジュナック(JunackのRFLN2大特価で販売
伸ばしましょう。

国民生活センターの実験でも、同じマスクをしていても女性の方がもれ率が大きい人が多かったそうです。
顔の小さい人が、大きいサイズのマスクをしていると、どうしてもすき間ができやすくなるからでしょう。

私は顔が大きいので、女性用の小さめのマスクをすると、耳が引っ張られて痛くてつけていられません。

これも顔と合っていない場合、マスクが動いてしまって、その摩擦によって肌が荒れるケースがあります。

また、マスクをしていると、狭い空間の中で自分の息が充満しているので、細菌が繁殖するのにとても好条件になってしまうので、特にニキビがある方は、たまにはずしてあげると良いでしょう。

気になる方には、顔に触れる側が綿ガーゼのものや、敏感肌用の材質を使ったマスクもあるので、良かったら試してみてください。


顔に触れる側が綿ガーゼで出来ています。女性用もあります。


とにかく自分の顔に一番ピッタリ合ったサイズと形を選んで、花粉をブロックしていきましょう。
「今年はなんか軽くすんだな」って言いたいですね。